ツイッター吃音アカウントで見えた現実

24f9a3c911630f7cc5870a8a49d11143

1回しかない人生。僕は本当に、吃音を呪いました。
『お前のおかげで俺の人生台無しだ!』って、何度思ったことか…。

でも、そのおかげでというのも、おかしいかもしれませんが
今やっと、薄らと僕が吃音になった意味というのが分りかけてきた気がします。

吃音で悩んだあの日々も無駄ではなかったんだと。(40歳までの僕には絶対にない感情です)

僕は無宗教です。また、特別に占いとか鑑定とかを信じているわけでもありません。
(過去にはたくさんの鑑定は受けてきましたが^^;)

でも、神様というような存在が居るような気がしてならないのです。

スポンサードリンク

俺と神様と吃音

もしも、神様がいるとしたら…

何で、俺を皆と違う吃音者にさせ俺を苦しめるよう仕向けたのか?
絶対に、何らか意味があるとある時からいつもこのことを考えるようになっていました。

ただただ、吃音に苦しんで死んでいく、神様は、そのためだけに俺をこの世に送ったのだろうか

いや、そんなはずない。絶対に、もっと何か意味があるはずだ。

ここで、出した最初の答えは…

吃音という苦難に立ち向かうことではないか。と。

ま、普通に思うことかもしれない。

ツイッター吃音アカウントから見えたこと

現に吃音に悩む方のtwitterとかを見ると勇気を振り絞って吃音に立ち向かう様をつぶやいている人たちをみかけます。

でも、今、49歳の僕はそれは、違う!と思うのです。

吃音克服のために、無理に、人前に出て吃音をさらし、皆から変な目でみられ、笑われ、からかわれ、それでもその苦痛に耐えしのぶ。

これが、吃音者に与えられた使命であり吃音克服の唯一の方法、なのであろうか??
これこそ、理想の吃音者の歩むべき人生、なのか??

人にからかわれても
「そんなのへっちゃら!」って無理に顔を引きつらせてでも装わなければならないのか?

僕は、違うと思う。

経験してきたからこそ分ることでもあります。

では、何なのか?

そこで、次にこう考えるようになったのです。

スポンサードリンク

今の【この時代】に僕が吃音者として生まれてきた意味。

そう、
2015年、平成28年に49歳となって日本という国に生きている

吃音にずっと悩まされながらも今は、自分なりに幸せな人生を送ることが出来ている。
今、インターネットという媒体を使ってメッセージを発信できるこの環境に居る

今、そんな条件を与えられた僕にできること…
使命というと大げさかもしれませんが今、現時点において僕の使命は?と考えると…

やはり、僕の歩んできた吃音人生で感じたこと、分ったことを、今、同じこの時代に生きる吃音者に人に伝えること。

そして、その事によってひとりでも多くの吃音者に幸せのヒントを掴んで欲しい。

この想いが、このブログを立ち上げる動機となりました。

とは言え、まだまだ、僕も人生半ば、これからどんなことが起こるか分りません。
そして、自分の想い描く成功には届いていません。

でも、今の僕は吃音に捉われずにすべてのリミッターが外せられる。そんな環境にいます。

思う存分、人生をクリエイトして楽しめる環境にいます。
吃音は完治していませんが人生を楽しめています。
もしも、興味がありましたら一度お話しませんか?

未来に向けた楽しいお話しません?
吃音者だから幸せになれない?そんなはずないのです。

そして、今でしかない吃音者が幸せになるツールは、揃っているんですから…。

スポンサードリンク


PAGE TOP
Pinterest Image Hover Javascript (通常)XHTML