幼稚園入園準備!ミシンは買った方がいい?お名前シールは必要?


幼稚園入園準備と言うと色々ありますが、幼稚園で使う持ち物の準備はなかなか大変ですよね。

幼稚園によっては、手提げかばんなどの寸法や形が指定されていて市販のものではダメな場合もあります。

そうなると、自分で作るか裁縫が得意な親や友人に頼むか…。

自分で作るとしたら、手縫いは時間も手間も掛かって大変なのでミシン購入を考えるべきか…。

いろんな選択肢が出て来て悩みますよね。

また、持ち物全てに記名することを求められるため、持ち物の素材や大きさに合わせて名前もつけなければならない。

その際、お名前シールも用意しなければならない?その他の選択肢はあるの?

そんなお悩みに一役かえたらと思い、調べてみました。

 

スポンサードリンク

幼稚園入園準備でミシンは買った方が良いの?


ミシン、値段は色々ですが1番シンプルな機能のみ付いている安いもの数千~一万円程度かかります。

ただでさえ入園前は何かとお金がかかるもの。余計な出費は避けたい時期です。

裁縫が趣味で普段から何かと作っている人は、幼稚園入園準備も苦ではないと思いますが、苦手な人にとってはなかなか苦痛ですよね。

幼稚園が既製品でも大丈夫な場合には無理に1から作らずに、既製品を買って子どもの好きなワッペンなどを付けてあげたりするのもいいと思います。

親や友人など、身近に得意な人がいればお願いしたり、手芸店やネットなどでも好きな布でオリジナルなものを作ってくれるサービスがあるので、そういったサービスを利用するのもいいかもしれませんね。

この機会にミシンを買っても、入園グッズを作った後はミシンを使うこともないとなると、ミシンを買うよりも委託して作ってもらった方がお金の面からみても良いかもしれません。

入園時期が過ぎたあとのミシンの使い方や小学校の入学準備の時にどうするかなどを考えて、買うかどうか決めるのも1つだと思います。

スポンサードリンク

幼稚園準備でお名前シールは必要?


幼稚園の持ち物には、基本的に全てのものに記名することを求められます。

お箸1本1本や、おはじきなどの細かいもの、おむつ、直接記名しずらい素材のものなど。

テープタイプの、アイロンで接着できるお名前テープや、名前を書いて貼るだけのお名前シール、ノンアイロンで洋服のタグなどに貼るだけのノンアイロンシールなどなど様々なものが今やあります。

素材や用途によってお名前付けアイテムを変えると、名前がよれてしまったり落ちてしまうこともなくなると思います。

例えば、お弁当箱やお箸、水筒など洗うものは、水にぬれても剥がれない粘着力と名前がとれないラミネート加工が施されている耐水ラミネートお名前シールがおすすめです。お弁当箱など以外にも洋服のタグや文房具などどんな素材にも貼ることができます。

他にも全て手書きが大変な場合には、ポンと押すだけでのスタンプタイプのものもあります。

ノンアイロンシールは、文字通りアイロン不要で貼るだけ。洗濯耐久テスト100回クリア。耐水性・耐久性に非常に優れたものです。

上履きや外履きなどの靴には、直接靴のどこかに名前を書いてもいいですが、デザインや素材の問題でなかなか書くところが難しい時には、インソールに名前を可愛いイラストとともに印刷してくれるサービスもあります。

おはじきやさいころなどの小さいものに対応した、形サイズともぴったりなシールもあります。

ネットで検索してみると、お名前シールやお名前付けアイテムがたくさん出てきますので、それぞれにベストなものを見つけるのも楽しいですね。

まとめ

幼稚園準備のためにミシンを買うかどうかについては安い買い物ではないので各ご家庭でよく話し合って決めることがおすすめです。

裁縫が苦手な人や、ミシンがない人でも、アイロンで貼り付けるタイプのワッペンなどワンポイント何かつけるだけでもオリジナリティーがだせます。

でも幼稚園によっては、全て手作りを求めるところもありますので、その場合はミシンを購入するか、実家は義実家などにお願いしたり、家が近ければミシンを借りて作るのも良いですね。

お名前シールについては、直接油性ペンで書けるものにはなくてもいいと思いますが、お弁当箱やお道具箱などつるつるした素材のものや、頻繁に洗濯をするものなどについては、お名前付けアイテムがあると便利だと思います。

入園直前で慌てないように、事前に調べたり、余裕をもって色々と準備するとゆったりと楽しい準備期間になると思います。

スポンサードリンク


PAGE TOP
Pinterest Image Hover Javascript (通常)XHTML